青色発光ダイオード

空に青を 君には名前を
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

1982年 私

(まだ言っちゃいけない話だとは 思うのだけれど 2011年 3月に 新宿の地下で 展示します 今から ドキドキです)




2008年2月24日の日記


茨城県の笠間日動美術館へ。
鴨居玲。
カモイ レイ。
画家。
大好き。
一度でいいからこの目で見たい、と、切望していた。
日帰り一人旅。
強風のため、行きの電車が2時間とまる。
おかげで(?)行きで村上春樹の短編「回転木馬のデッドヒート」を読み終える。
やっとの思いで、辿り着く。
もちろん、衝撃は、あった。
ほとんどの作品が、画集で見たことのあるもので、衝撃とか、新鮮な気持ちよりも懐かしいという気持ちの方が、先行した。
「廃兵」という作品があるのだが、これは、腕をなくした兵隊の絵で、予想していたものよりも、大きくて、びっくりした。
予備校に通っていたころによく、話していた後輩の女の子のことを、思い出した。その子も鴨居玲が好きで、この作品を、美術手帖か、何かの雑誌でみて、好きになったという。図書館から借りた分厚い画集を、貸したら、熱心に読んでいたなぁとか。
彼の絵は筆跡が、ひどく残っている。
それが、彼がまとっていた空気であり、絵の中の人物を、温かく包みこむような母親の肌の温度のようなものであり(そういう作品は稀だったが)、あるいは、絶望だったりしたのかもしれない。
苦しんだ、跡。
彼は自画像を何枚も残している。何枚も、何枚も。
どれも、目が、明確に描かれていない。影の中だ。
それでも、目の向いている方向がかすかに変化しているのが、わかった。
一枚、一枚、そのとき、その場所で、自分は確実に変化し、老い、死に向かっていく。
それを、わかっている。
作品を目の前にすると、私は感情がほとんど無い状態で、みいっている。
そして、帰ってきて、思いだすと、その作品に対する思いが、零れ出して、とめられなくなってしまうんだ。
彼は、私が生まれる数年前に死んでしまった。
自殺、だった。
苦しまないと、何も生み出せないんだ。
痛く、感じた。
崩れそうだ。






2010年8月31日の日記


鴨居玲 カモイ レイ

知らないひと は ぜひ しらべてほしい

1985年に 亡くなった画家 自分を描きつづけた画家 絶望だけではなく それさえも笑い飛ばしてしまうような 心のあたたかさ をもった画家

今日 横浜そごう美術館での回顧展が 最終日だったので 行ってきた

ずっと そこに いたかった

2年前にみた 「廃兵」 に また 出会えた きっと 実際に そのひとが いたら その場に 立ちつくして しまうけれど その絵の中だからこそ 肢体を うけいれられたのかな と 思う

「1982年 私」を はじめて 間近で みることが できた 過去に彼自身の作品に登場した人物たちが 彼を取り囲んでいる 彼は 白いキャンバスの前に 座り こちらをみている その目に 瞳孔は 描かれていない

キャンバスの前で 絶望に うちひしがれていると言っていたけれど わからないよ 何か描いていたのを 白で塗りつぶしたのかもしれない 隠したかったのかもしれない

作品で ひとの心を えぐりたい とか 日々 思うけれど 彼は そんなこと 思っていなかったかも な

描きたい 描きたいよ

いつまでも 刻みつづけていきたいよ






ふたつの時間を 書いてみた


未来は また つながっていく






いい夢を


おやすみなさい


- | - | -

大学やめます

TS3O03880001.jpg
↑ タイトルは エイプリルフールを7ヶ月 先取り ◇ (ちゃんと卒業できるかな) この鳥は 本物


展示に始まり 展示でおわって こういう夏はもうないだろうなぁと 来てくれた方 ほんとうに ありがとう


映像のアイデアが 雪崩みたいに おしよせてきたり


空白に落ちた男@パルコ劇場  首藤さんに恋したり


衝動的に自画像ドローイングしたり


草むらの中を歩いたり


池尻大橋で ガチャガチャ つくったり


やまのいゆずる サマソニ@千葉マリンスタジアム SIDE SHOW MARINE 最高に夏して おもしろ三国志にはまって 太平洋不知火楽団のベースのひとがスタジアムにのぼって 栗コーダーカルテットで癒されて ピロウズを左耳で 聴きながら さよならして


映像打ち合わせ@町田のミスド 互いの耳を塞いでみたら すごい発見して


打ち合わせ@大学 はんぺんは 丸派か三角派か論議して


バイトの日々で


お酒に かき氷を浮かべて 飲みながらの制作が つづいたり


バイトしてたら 出れんのサマソニに出ていた バンドのボーカルギターのひとと遭遇したり


コンサートスタッフの仕事@日産スタジアム YOSHIKIが かわいくて ◇ でも あまりにも ひとが多すぎて 吐きそうになって 今度から 吐くことを 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」って 言おうって


ネイチャー・センス展@六本木 森美術館 雪 無音の中にいたかった 注射器みたいで 痛かった 六本木で 思いがけなく 盆踊りに遭遇 お前の感性好きだよって お互いに言いながらわかれて


搬入日前日に 頭の中のメトロノームが こわれて


ギャラリーで たくさん お話して 1月の それ以染にの企画のとき わたしの作品をみて泣いていた子の名前が わかって あいたくなって


噛み切って (髪切って)


やまのいゆずるソロ@横浜BBストリート やまのいゆずる+飯田華子@新宿ロフト まさかのはしご 地下で盆踊りに遭遇 未知な話 たのしすぎて


せつなくて 眠って カオスで 液体が流れきって


声きいて ちからもらって 決意して


ギャラリーで あざやかな水色と黄色の小鳥に つつかれまくって 頭にのってきたり ケータイのシャッター音の真似とか すばらしくて


この夏 ひとつ 結論をだすことが できた このままで やっていくしか ないのだなと それは あきらめではなく 単純に わかったこと


いつだって すべてを知りたいし 想像していたいなって 思うよ






愛って なんですか






じゃあね 夏


いい夢を


おやすみなさい


- | - | -

____。

ひさびさに 精神かきまぜられた 崩壊




昨夜 友人をひきとめてしまった そのとき わっと涙が でて なんで 泣いているんだよって思って わがままな気持ちで それが不本意で 申し訳なかった すべて わかっている瞳で 電車で 一緒に来てくれた




会話 や 音 は 時間が進むと同時に たちまち 空気に とけていっちゃうけれど それを 考えや かたちに とどめるために 体 は あるのだと 思う 体 があるから 動けるのだし 今は




わからないことばかりで 未知で そんな表層上でしか知らないこと 表現したって 誰の心も えぐれない わたしは 守られすぎていた




すべて 知りたい 今は また涙でてきた やばい




この感情 わからないよ もう




おはよう


おやすみなさい


- | - | -

_______。

ごめんなさい


- | - | -

ささのはさらさら

100707_1155~020001.jpg
七夕に降る雨 を 「催涙雨 (さいるいう)」 といいます 2年くらい前に知った 逢えてうれしいから流す涙 なのかなぁ (って 昔の日記に書いてる)


けふは 星ちりばめた傘 さして 歩いていたのだけど そんな話だったら 少し打たれてもいいかなぁ と思った


写真は 今日書いた短冊 です 途中までしかいなかったから わからないけれど あのあと 笹の葉は 入手できたのだろうか・・




昨日 エヴァンゲリオンを描いてる 貞本 義行さんの講演会を聞きに短大に行った


エヴァンゲリオン当時 湾岸戦争だったから テレビで戦場のシーンが 映されていた


自分が戦いにいくことになったら どうするか


自分が 戦いにいかなくちゃいけなくなったら ロボットに乗れるか 14、5才の “悩む少年” を描きたかった その生の感覚 そこに 必然性を どうやってだすか オタク向けだけど 一般のひとに どうやって 生っぽさを伝えるか


ほんの一部だけど そんなことを 言っていた 東京造形大学時代は 授業にあまりでないで 漫研に 入り浸っていたとか ◇ (いいと思う)


最後に「あまり考えすぎない。行動してみよう」って 言っていた もっと うちがわ のことも 知りたかったけど


聞けて よかったな


そのあと 横浜へ 夢の中で 音に ふれた 2年前 いつかできたら といっていた曲 うれしかった




あと一週間後に 作品の本採点 線のまま 前に進めない というか 完成がみえてしまったという 今までなかったケースに おちいった みえているのに みえていない 空間とひとをわけるためにかいた線 それを 壊せないでいるのです 3連作 おもいいれが あるゆえに くるしい 描きたかったんじゃないの? 描きたくないの? でも やっぱり 完成させたいんだ


くれた時間を 大切にしなきゃ






すべてのひとに


いい夢を


おやすみなさい


- | comments(0) | trackbacks(0)

影絵

100628_1314~010001.jpg
- | comments(0) | trackbacks(0)

無題

今日は 仕打ちが ひどすぎた


先のことを 考えたくない


わたしは なんのために ここにいるのだろう


涙を流すと 味覚が なくなる


鼻が つまるからか




せめて


君だけは


ゆっくり


夢をみて


眠ってほしい


おやすみなさい


- | comments(0) | trackbacks(0)

星 ちりばめた 傘

助けてほしい


けど


現状は 自分で打破するしか ない


眠り たいよ




おはよう


おやすみなさい


- | comments(0) | trackbacks(0)

メロディ

100512_2240~01.jpg
“子供たちが宇宙を裂いて 手術台で口づけをした”


- | comments(0) | trackbacks(0)

「芸術家は、いらない」


それなら、こっちから願い下げだ。


 久しぶりに、日記を書く。考えをまとめなくては、いけない。まとめるも何も、ここのところの私は考えることを放棄していたのかもしれない。飽和状態になっているときは、本を読もうとしても読むことができない。この状況は、自分の中では、ちょっと、まずい。


 今日は、日帰りで奈良に行き会社の一次選考を受けた。ここまで、二次選考に進んだ会社はない。まわりには何十社も受けているひとがいる。ただ、参考にするのはいいが、ひとと比べても意味はない。そのひとなりの、進め方があるのだから。


 数の問題ゆえか、それ以外の理由か、口からでる言葉が、実感のわかないものになってしまった。知識と興味と熱意があれば、自信も生まれ、心を打つ言葉になる。と、今日、学んだ。私の場合、熱意があっても、心にフィルターがかかってしまい、うまく表すことも、行動に起こすことも、難しい。


 私は、求められていない。だからといって、あきらめたくない、と思っていた。ただ、あきらめていいものとそうでないものを見極める力は必要だなと思った。これだけは絶対、離さないと決めたもの。それが、心を動かす原動力になる。


 おそらく、就職活動の中に、それをまだ、見出だせていない。今、どんな状況に立たせられているのか、知ろうとしていないのではないか。両親に、申し訳ないと思う…が、ここに書いても、本当に、そう思っているのか?


 ただ、自分の役割を果たせる場所、使命のある場所に行きたいのです。好きなことができたら幸せだけど、始めから幸せだったら、苦労しようとしないから。のぞんだものと違っても、そこでまた、確信できることが生まれるかなと思う。


 ある会社を受けたら、就活をやめるかもしれない。もうひとつの未来が、みえてきたから。やはり、自分から開拓していくしかないのだ。


…なんだか、否定形の多い、長いだけの文章になってしまった。


 ◇


 で、今日は、その足で、横浜BBストリートの、やまのいゆずるの音を聴きに行った。
横浜で、みるのが、夢(大袈裟かな)だったから、行けてよかったと思う。
関内駅から徒歩30秒のところにライブハウスが、あったことに、驚き。


1.灰キレイ
2.夢の中で思い知って泣くな
3.超ウルトラスーパーミラクルハイパーメガトン
4.構造上の問題はときに…
5.山から得られる全ての体験
6.私ミサイルと…


 だったと思うけれど、どうかな…。
DJのスペースピクニックさんは、宇宙で散歩しているところをやまのいさんが、連れてきたみたい。今日は、サツキさんの誕生日で、舞台で、やまのいさんがハッピーバースデーの曲を歌っていた。すごい、貴重だなと思った。かわかみさんの声が、いつも以上に、すごく透き通って、聴こえた。声が、尊重されていたと思う。山〜と私〜のときの奇跡のミラーボール。キレイだった。


 (日記に書いてと言われたので、書きます→)帰りに、やまのいさんと、かわかみさんが、エレベーターの下に行くボタンを押してくれた。しかも、やまのいさん連打(笑)
 12Fから1Fに行きたかったけど、そのエレベータは1Fにはとまらないという・・・帰れない(笑)
 みたいな感じで、やっとの思いで(嘘)帰宅しました。


 ◇


 本気だと 思った
 うれしい課題
 がんばってるって わかっているから
 絶対 いい作品をつくる よ


 ◇


 深く 眠って


 すべてのひとに


 いい夢を


 おやすみなさい


- | comments(0) | trackbacks(0)